文書内の範囲指定の方法

 文書内の特定範囲部分を コピー(複写)したり 、削除したりしたい場合は、「範囲指定」と言う操作が必要になります。
 範囲指定した後で、 コピー 、貼り付け操作を行うと、他の場所から、文字や文章を持ってきたり、別の場所に複写したりすることができます。
 コピーと貼り付けは、異なった文書の間でも行うことができます。
 例えば、メールに書かれている内容をワープロの文書に貼り付けたり、ホームページの内容を、メールやワープロ上に貼り付けたりなど自由に行うことができます。


○範囲指定の操作
 範囲指定の操作に入る前に、まず、指定したい範囲の最初の部分(文字など)のところに、カーソル(ポインタ)を合わせておきます。

 次いで、次に示す、いずれかの方法で範囲指定の操作を行って下さい。

方法1
・シフトキーを押しながら、上下または左右カーソルキー、あるいはページアップ・ダウンキーなどを用いて、範囲指定したい最後の部分(文字など)にカーソル(ポインタ)を持っていきます。
これで範囲指定が決定されましたので、キーから手を離します。

方法2
・オルトキーを押しながら、エンターキーを押す。
 すると、「範囲指定どこまで」と聞いてくるので、上下または左右カーソルキー、あるいはページアップ・ダウンキーなどを用いて、範囲指定したい最後の部分(文字など)にカーソルを持っていきます。
・ここでエンターキーを押します。
すると「○○の○○まで範囲指定」とアナウンスされて、範囲指定が行われたことが分かります。

※範囲指定が終わったら、続けて コピー や削除のそうさが行えます。 
続けてコピー、貼り付け操作を行う場合は こちらへ

「注意」
 範囲指定をした後に、エスケープキーや上下、左右キーなどを押すと、範囲指定が解除されます。

超初心者のためのぱそこん操作方法
トップページ(Dさんの視覚障害者サポートページ)へ戻る